施設紹介

廃棄物からエネルギ-資源を創り出し、継続的に環境改善を推進します。 鉄類、非鉄類、ガラス類、廃プラスチック類は選別処理により、マテリアルリサイクル(原料として再利用)しています。また、選別できない廃プラスチック類は、サーマルリサイクル(焼却の際に生ずる熱エネルギーを再利用)します。廃プラスチック類は化石燃料(灯油・石炭)などに匹敵するカロリーを有し、化石燃料代替エネルギー源として活用しています。

ガイアクリーンセンター事務所。

回転式ハサミによる選別と手選別を行います。

大型コンテナ車で各リサイクル再生先に搬入され、再処理にかけられます。

始業所 舗や工場など事業所から出た廃棄物を集めます。

運搬搬入 コンテナで搬入します。

受入

展開検査 目視検査を行います。

選別

破砕

再生または埋立 固形燃料等に再利用されます。

運搬搬出

中間処理施設であるガイアクリーンセンターへ運び込まれます。

一軸破砕機により50mm以下に破砕してから集塵機に運びます。

ガイアクリーンセンター ソーラーパネル屋上設置