会社案内

環境方針

基本理念

鴇商グループは、地域環境に配慮した循環型社会への貢献及び経営層・従業員の質的向上を目指すため、総合的な廃棄物処理業にチャレンジします。また、日々クリーンな環境の維持・推進を図るため「デイリー・クリーン・サービス」を基本理念に捉え、全社員参加の下、自由で活力ある事業展開を実践し、社会的使命に応えます。

基本方針

当グループは、廃棄物の収集・運搬及び中間処理・再資源化に総合的に取り組んでいる企業として以下の方針に基づき環境管理を行い、継続的な改善と環境汚染の予防に努め、地域の環境活動に積極的に参加する。


当グループの事業活動が環境に与える影響を的確に把握し、同時にこれらが係わる環境関連の法律・条例・協定その他の要求事項を明確にし、環境法規制及び協定その他の要求事項を遵守する。


環境パフォーマンスを向上させるための環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。   


事業活動に係わる環境影響のうち、以下の項目を環境管理の重点テーマとして取り組む。
(1)廃棄物の適正処理に貢献する。
(2)循環型社会の実現に向け、リサ
イクル事業の拡大・推進をする。


定期的に内部環境監査を実施し、環マネジメントシステムの見直しと維持向上する。


従業員全員が環境保全意識を高く保ち、この環境方針の達成のため、この方針を全部署従業員に周知し、実施・維持する。

2017年10月01日 代表取締役社長 鴇﨑 勝一

環境方針

㈱鴇商 館林資源化センター及び館林資源化センター 第二工場は、廃棄物の再資源化のために、回収された廃棄物及び各種資源の再資源化処理を行い、資源循環型社会に貢献する。


関連する法令や規制を遵守します。


要求事項に適合した品質マネジメントシステムを構築し、実施すると共にその有効性の継続的な改善を図ります。


「資源循環型社会に貢献する」を達成するために「受入量」「安全」「顧客満足」の向上をテーマとして取り組みます。


品質方針は、掲示などを通じて、全従業員に周知します。


定期的に内部監査、マネジメントレビューを実施すると共に、品質方針及び品質目標を含めて品質マネジメントシステムの見直しを行い、適切性を維持します。


品質マネジメントシステムの実行、維持、管理及び改善に必要な資源を提供します。

2017年8月01日 代表取締役社長 鴇﨑 勝一